ホワイトニング歯磨き粉おすすめ!

生まれつきの歯の黄ばみはホワイトニング歯磨き粉で改善できる?

いつ頃からか歯の色を気にするようになって
色々な人と比べると何だか自分の歯は黄ばんでいる・・・黒味がある・・・
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

一度気になってしまうと歯を出して笑うことに抵抗が出てきてしまい
人前で自分を表現することが苦手になってしまうこともあることと思います。

 

自分はしっかりと毎日ハミガキをしているし、タバコも吸わないのになぜだろうと
考えて悩んでしまうこともあることでしょう。

 

そこで、今回は生まれつき歯が黄色い人はいるのか?またその原因や対処法まで
調べてみましたのでご紹介していきたいと思います。

 

生まれつき歯が黄色い人はいる?

 

人間は毎日食事をしますし、年齢を重ねるにつれて歯の色は変化していくと考えられます。
ですから、もともと真っ白な歯を持つ人はそもそもいないのでは?ともいえますよね。

 

今の時代は歯の色に敏感ですから気にする程度でなくとも気になってしまうこともあるでしょう。
ただ気になるくらいに生まれつき歯の色が黄色に見えてしまう方もいらっしゃるのは事実のようです。

 

生まれつき歯が黄色いのには、やはり色々と原因があるとわかりました。
その原因をいくつか調べてみましたので、少し挙げていってみたいと思います。

 

生まれつき歯が黄色い・・・その原因は?

 

生まれつき黄色っぽい色であったり、縞模様で色が付いていたり
先端の方だけ白く後は黄色味があるであったり
または茶色っぽくなっていてよく虫歯と間違えて歯医者さんへ行くこともあります。

 

その場合多くの原因として挙げられるのが「エナメル質形成不全」という病名で
歯のエナメル質ができる期間に、何かがあり石灰化不全を起こすという症状です。

 

例えば先端だけ白い場合は歯が生える時、少しずつ先端から出てきますが
その時期に栄養障害があったり、テトラサイクリン系の抗生物質を服用すると
歯が他の人より生まれつき黄色くなるということが原因として考えられます。

 

またはお母さんが妊娠中に上記の抗生物質を服用しても起こりうるそうです。

 

この様な状態の歯は特に珍しいものではなく意外とあるようで
虫歯ではないかと心配をした両親が歯医者さんに行くと色素沈着であっただけで
ホッとして帰宅するという場面も多いそう。
ただ、虫歯にはなりやすいので子どもであれば
シーラント(予防充填)などのケアは必要になってくるでしょう。

 

 

自分で気になってくるのは大人になってからというのが一般的ではあるかと思いますので
では、大人になってこの悩みを解決する方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

対処法は?

 

少し黄ばんでいるなどを解決したい場合は、根気よくホームホワイトニングなどをしていけば
満足のいく白さを手に入れることは可能といえます。

 

ですが上記のような原因である場合は、少し治療法が変わってくるようです。
通常のホワイトニングでは白くなりにくかったり、縞模様のまま色が変化してしまったり
縞模様が消えなかったりと色々問題が出てきてしまいます。

 

では対処法はないの?というわけではありません。
いくつか挙げていってみましょう。

 

ホワイトコート

 

歯の表面にマニキュアの様なものを塗って歯を白くしていく方法です。
ただ塗るだけということで、簡単ではあるのですがムラができやすいというのが難点で
またその液体が歯肉に影響を与え歯周病を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要といえます。
この方法は歯を削ることなく出来るのは良い点であるでしょう。

 

ホワイトニング

 

歯の表面に薬剤を塗り、ライトを照射して歯を白くしていく方法です。
化学反応を起こして歯の色を分解していくという治療になります。
この方法は一時的に白くするものなので、白さを保つために定期的に続けていく必要があるでしょう。
ただこちらも歯を削らずに行なえるのが良い点ですね。

 

ラミネートベニヤ

 

後々一番楽になる効果的な方法と言えるのがこの方法かもしれません。
歯の表面を薄く削り、上からセラミックを貼り付ける治療です。
これは貼り付けたセラミックが取れてしまわない限り美白効果は続くということになります。
ただ歯を削る工程があることと自費での治療になるのでしっかりと考える必要がありそうです。

 

やはり日々進化している審美歯科だけあって、方法は色々とありますね。
ただ自費での治療となる可能性が高いのでしっかりとした医師探しと相談が重要になりそうです。

 

では、通って専門的に治療できるのはわかったけれど
自宅でできるケアは今のところ出てこなかった・・・
自宅でできるケアはあるの?という方もいらっしゃるかと思います。
少し調べてみましたのでご紹介していきましょう。

 

家でできるケアはある?

 

もしまだ歯科へ出向くのは抵抗がある、そこまで大事にはまだしたくないという方もいらっしゃるかと思います。
そんな方へは、まず部分的に人に見える前歯だけなど場所を決めて
自宅でケアができるキットを購入してみてもよいかもしれません。

 

ただ上記のような原因の黄ばみの場合は特にですが、
絶対満足のいく美白を手に入れるものではないかもしれないということを
頭に置いて挑戦していただいた方がよいでしょう。

 

アメリカで多くの方が愛用している「ホワイトストリップス」というシールタイプのものや
直接歯にジェルを塗る本当に手軽なものがたくさんあるのでネットで調べてみてください。

 

ですが、もし歯科医師と相談して自宅で出来るホームホワイトニングでも白さは実現できるとなったら
マウスピースを作ってもらい自宅でケアしていくのが一番効果のある自宅でのケアだと言えるでしょう。

 

まとめ

 

歯の色は今や人生を左右してしまうほどと言っても過言ではないほど敏感になっている時代です。
歯の色で印象はとても変わりますし、自分自身も自信の大きさが違ってきますよね。
今後笑顔が増えるのであれば、金額や時間はもしかしたら関係ないかもしれません。
ただ自分自身の環境や状況に合った方法を探すことが重要なので
一度プロに相談したり、自身で試行錯誤しながら見つけていくことをオススメします。